世界医学気功学会発表論文


 
世界医学気功学会とは

 

 

 1.『気功による数多くの奇跡』

(2014.6)脳腫瘍(癌)、レックリングハウゼン病(神経線維腫症Ⅰ型)、中度自閉症、重度精神遅滞(精神薄弱)、
癲癇と精神発達遅滞、脳萎縮を伴った認知症、幻聴による徘徊、自殺願望、躁鬱病、
4カ月間寝たきり・歩行困難、化学物質過敏症・電磁波過敏症、クモ膜下出血、脳幹出血、
脳幹梗塞、脳梗塞による右上腕・右下肢麻痺、脊髄小脳変性症(マシャド・ジョセフ病)、
国指定の難病・多発性硬化症、外傷性視神経症、聾と診断された感音性難聴、耳鳴り・轟音と絶対音感の喪失、
悪性リンパ腫非ホジキンリンパ腫濾胞型・首と脾臓・そけい部のリンパ節転移、のどに引っかかったアヒルの骨、
斜頸、右肺動脈欠損症、原発性肺高血圧症、心不全、解離性大動脈瘤・閉所恐怖症・高所恐怖症・高血圧症、
閉塞性動脈硬化症、非浸潤性乳管癌、乳腺線維腺腫、胃癌、潰瘍性大腸炎、肝臓癌、
難治性肝炎による肝硬変、不妊症と寝たきり・体の硬直や痺れ、小児性慢性腎疾患(異形成腎)、
腎臓結石、椎間板ヘルニア、脊椎側彎症、足底腱膜炎による踵骨棘、右足の親指付け根の脱臼・痛みや痺れ

2.『気の情報操作で病気は治る』
(2012.6)


親指付け根の脱臼および裂傷による痛み、
腰の張りと痛み、股関節の動きが悪い、
頚椎を痛めて首から腕までの痺れと痛み、
鬱(うつ)病、遺伝病、レックリングハウゼン病
(神経線維腫症Ⅰ型)、脊髄小脳変性症
(マシャド・ジョセフ病)、頭蓋内出血(クモ膜下出血)など

 


3.『癌(ガン)に作用する
“気の情報(感情など)”』

(2009.11)

乳管ガン、肝臓ガン、悪性リンパ腫などの
克服症例、癌(ガン)の予防・克服法

 

4.『気功による、脳や中枢神経に影響する
「情報」的な病気の克服』

(2007.11)


精神障害:境界性人格障害、不安神経症・パニック障害、
脳萎縮の伴う認知症、中度自閉症、癲癇・
精神発達遅滞、化学物質過敏症、電磁波過敏症

5.『応用「気の医学」-日本における気功』
(2004.5)


骨のヘルニア、脳幹癌、胃癌、乳癌、
子宮筋腫、乳腺線維腺腫など癌・腫瘍、
自閉症、水頭症、骨粗鬆症

 


6.『なぜ気功を研究するのか』

(1999.11)関節のヘルニア

その他、発表論文

論文『気功による癌(ガン)の克服』

 

大明気功による癌克服の基本的な考え方を紹介
脳腫瘍発症時から回復時までの
MRI検査画像など掲載


 

 

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分