気功とは何か・・・大明気功院院長 青島大明のメッセージ

 

「気」は“生命の源”  
気功で「悪い気の影響を断ち切り、
良い気を獲得すること」は、人類に最も価値のあること

 

「気」は、生物が生きていく上で欠かすことができない “生命の源” です。気があるからこそ、生物は単なるもの(物質)ではなく、生命体となるのです。気功は、この大切な気を、体やものに作用させる科学であり、中国四千年以上の歴史と自然界の法則に基づいた、東洋が誇る療法です。

現在、医学は根治できない様々な病気、治療による副作用やダメージなど、数々の難題を抱えています。しかしながら、気功を実践することで、副作用もなく自然に病気を克服できる可能性もあり、また、気功を科学的に検証することで、新しい人間中心の医療を創ることができます。気功は、現代の医学と科学を大きく進歩させる人類の共有財産なのです。

数千年前から、中国では「不通則痛」といわれ、体のなかで「気が通じないことが病気である」とされてきました。血管や神経、骨だけでなく、気の通り道に悪い気が滞ると病気になる、というのです。

つまり悪い気がとどまる場所と種類によって、病気の種類が決まる、ということなのです。
具体的には、

1.生命の源である「良い気」を入れる。
2.「悪い気」を出す。
3.通じないところを通じさせる。
4.「悪い気」を作らない。
5.「悪い気」を入れない。
6.「良い気」を作る。

という要素がありますが、私は長年にわたって、気と病気を真摯に見つめ、これらのコントロールを行い、多くの難病に対処してまいりました。

病気は根治させずに放置すると、悪い気が体の他の部分を弱め、新たな病気を生み出します。同様に、本人から家族、親戚、友人、社会へと、悪い気の影響は広がっていきます。自分と大切な人々を守るため、気功で「悪い気の影響を断ち切り、良い気を獲得すること」は、ひとり一人の人にとって、人類にとって最も価値のあることだと信じています。

青島大明

「気」「病気」「気功」についての考え方

大明気功院院長 青島大明のメッセージ

「気功」を正しく理解するためのメッセージ

「気功」の歴史と役割

「気功」の歴史と、その役割を考える。

「気」とは何か

大明気功の「気」についての考え方

「病気」とは何か

大明気功の「病気」についての考え方

「気功」とは何か

大明気功の「気功」についての考え方

大明気功の極意、気功法 練功

「大雁功」「静功」「部位別の気功法」大明気功の極意であるさまざまな気功法を紹介します。

霊(情報)的な病気を理解する、霊を取れる術:法術との出会い

「霊とは何か?」
「霊的な病気を治す法術との出会い」
「交通事故多発地帯の理由」
「霊感の強い人ほど病気になりやすい」を掲載

[ 青島大明著『病気がすべて治る「気」の医学』(講談社)より ]

 

 

 

青島大明監修の気功解説サイト

気功と生命

「気功」をわかりやすく解説したページ

 

 

体験談『横浜の著名気功院で、
重度の化学物質過敏症と電磁波過敏症がほとんど完治の状態に』

重度の化学物質過敏症と電磁波過敏症を
克服した女性が、これから病気を克服する
人たちのために気功について纏めています。

体験談『気功と鬱(うつ)病からの生還』

重い鬱病を気功によって克服し、
USCPA(米国公認会計士)の
試験を合格した男性の体験談。
気功によって病気を克服し、
能力を発揮できるようにするために
彼が行った取り組みや姿勢を紹介しています。

 

メディア掲載記事から『「気功」とは何か』について理解しやすくなる記事をご紹介します。

『美人百花』掲載

① 「青島大明先生の気功と出会って
良い気を意識する生活に!

② 経絡を流れる“気”を操って
病を治す東洋医学―気功
“悪い気”は受け取らないのが
病気にならない極意です!

『ランティエ』掲載

ガン、成人病 etc.
すべての病気を治す噂の気功師
大明気功院で“気”を識る

『Spiritual traveler
(スピリチュアル トラベラー)』掲載

奇跡の気功師・青島大明が語る
「暮らしに生かす気功術」

『anan(アン・アン)』掲載

気のパワー わからないことがいっぱい!
10の質問で「気」を解明する。

『FRAU(フラウ)』掲載

病気を自分で治すために。
青島大明先生 特別指導 気の医学編
大明気功の極意など

『週刊現代』掲載

5月病を吹っとばせ
天才気功師・青島大明が特別コーチ
10分間で治せる「頭痛・肩こり・腰痛」

『遠隔気功の驚異』掲載

「中国では、気は物質とされている」など

青島大明院長の論文

世界医学気功学会 発表論文『癌(ガン)に作用する“気の情報(感情など)”』

乳管ガン、肝臓ガン、悪性リンパ腫などの克服症例、
癌(ガン)の予防・克服法など

世界医学気功学会 発表論文
『気功による、脳や中枢神経に影響する「情報」的な病気の克服』

精神障害:境界性人格障害、不安神経症、認知症、
自閉症、精神発達遅滞、癲癇、化学物質過敏症及び
電磁波過敏症等の症例より

世界医学気功学会 発表論文
『応用「気の医学」---日本における気功』

骨のヘルニア、脳幹癌、胃癌、乳癌、
子宮筋腫、乳腺線維腺腫など癌・腫瘍、
自閉症、水頭症、骨粗鬆症

世界医学気功学会 発表論文

『なぜ気功を研究するのか』

論文『 気功による癌(ガン)の克服』

大明気功による癌克服の基本的な考え方を紹介
脳腫瘍発症時から回復時までの
MRI検査画像など掲載

※ なお、気功とは何か、気・病気・気功の考え方について
もっと詳しくお知りになりたい方は、
青島大明著『病気がすべて治る「気」の医学』
『からだを自分で変える「気」の医学』
『「気」の医学で難病・奇病を治す』
DVDブック『病気を自分で治す「気」の医学』
『「美人」気功』
『病を治す哲学』-伝説的医書『黄帝内経』の驚異-、
『なぜ あなたの病気は治らないのか』
-霊から身を守る「気功」と「法術」の医学-
(講談社刊)などの著書やこれまで取材された
メディア掲載記事などをご参照ください。

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分