「気功」で考える化学物質過敏症・電磁波過敏症

気功と生命道
「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える

8)化学物質過敏症や電磁波過敏症は“恐怖症”と
情報操作不能の病気

「気功」で考える化学物質過敏症・電磁波過敏症

精神的な病気の多くは、人が取り入れた「悪い情報」を処理しきれなくなったり、「悪い気」によって経絡に支障が起きたとき、発症すると考えられますが、影響された臓器によって不安や怒り、悲しみなどと症状が異なります。腎臓の働きが低下すると、恐怖の感情は腎臓と関係しているため、中枢神経に至る経絡に支障がおよび、不安神経症や鬱病、ときに化学物質過敏症などを起こしてしまいます。
化学物質過敏症や電磁波過敏症は、学習した知識が化学物質や電磁波の刺激と結びついた人が、病気の「悪い気」を受けコントロールする能力を失い、病気を悪化させたと考えられます。その結果として、電磁波や化学物質、食品などにまで過剰反応するようになるのです。
『「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える』へもどる

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分