「気功」で考える鬱(うつ)病など精神的な病気

気功と生命 道
「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える

19)なぜ、人は心の病(鬱病など精神的な病気)を抱えるのか?

「気功」で考える鬱(うつ)病など精神的な病気

鬱病を代表とするような精神的な病の多くは、腎臓が恐怖心によって機能低下し、「悪い気」が処理できなくなり、さらに不安が溜まることで、いっそう否定的な暗示が生み出される、そんなネガティブなスパイラルにいつしか落ち込んでしまったものです。
今の社会で鬱病が増えているのは、人やマスコミなどを通じて受ける悪い情報と腎臓の弱体化というダブルパンチのせいだといっても過言ではないでしょう。
そして、体に合わない「悪い気の情報」が入る場所や種類によって病気やその症状が変わってきます。「悪い気の情報」が小脳に入ると脳性麻痺になったり、大脳の記憶に関わる部分に入ると記憶障害や認知症に、分析する部分に入ると自閉症や精神発達遅滞に、感情をコントロールする部分に入ると統合失調症や不安神経症、躁鬱病など精神障害の病気に、生命力をコントロールする部分に入ると癲癇になったりする可能性があります。
『「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える』へもどる

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分