「気功」で考える自殺

気功と生命 道
「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える。

23)自殺はすべて悪い霊の影響

「気功」で考える自殺

日本社会で問題となっている年間3万人を超える自殺者。
私の分析によると悪い情報の影響以外にありません。
自殺の増加は、この社会に死の影を落とします。それは情報として残るはずです。
本来、自分がつくり出している情報は、自分が考えて生み出しているので、生きている限り解くための鍵があります。
けれども死んだ人の場合、鍵を解除する暗証番号は消えてしまった状態です。社会に落とされた死の影とは、情報の発信源がなくなったが、残った情報が次々に伝播されていく光景と言えるでしょう。
自殺者の増加は、悪い霊を受け取ってしまい、情報操作されていることにも気づかないまま、自らの生を否定するような行動をとったがゆえのことにも見えます。こうした失われた鍵を解くのが私の気功・法術の役割です。
見覚えのある街で悲惨な事件が起きたり、海外の残虐な事件を見聞きすることで体調や気分が悪くなったことは、多少の差はあれ、誰しも経験していると思います。
これは霊と呼ばれる悪い情報を受けたことにより、肉体や精神面に影響されたからですが、もともと腎臓などの臓器が弱い、精神的に不安定な人であれば、悪い情報との接触により思いもよらぬ行動をとってしまうことがあります。自殺したり、突発的に人を殺すといった周囲からすれば、まったく普段の生活ぶりからはうかがえないような突拍子もない行動をとる人がいますが、これは悪い霊の情報の影響によるものが多いのです。
『「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える』へもどる

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分