「気功」で考える変形性膝関節症

気功と生命道
「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える

5)変形性膝関節症は膝の経絡が閉じている

「気功」で考える変形性膝関節症

年齢が経るにしたがって関節が痛む。それが膝に起きた時には、変形性膝関節症と診断されるでしょう。
この病気のほとんどは、やはり「気」の問題です。身体の上から下へ向かっていく「気」が、途中、膝のあたりでストップしてしまうことが原因です。この病気は正座をする機会が多い人が多く罹ることこそが、それを証明しているといえましょう。
正座をすることで経絡が閉じてしまい、下半身の骨に回るべき「良い気」、エネルギーが届かないのです。そのために骨がどんどん弱っていきます。
『「気功」の視点で、さまざまな病気の克服を考える』へもどる

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
TEL:045-322-6699 FAX:045-322-6690
JR横浜駅から徒歩10分、JR高島町駅から徒歩7分