青島大明著『病を治す哲学』-伝説的医書『黄帝内経』の驚異-

[raku_tetsu1]

癌・糖尿病の原因は2600年前に解明されていた!
気功的観点から明かす「健康で寿命をまっとうするための」生き方と養生法

『黄帝内経』という物語の名前を初めて聞く人もいると思います。これは約2600年前に中国で作られた医学書です。2600年前の知識が現在の治療に使えるなど、荒唐無稽と思うでしょうか。私は、『黄帝内経』は現在に通じるどころか、現代医学の限界を超える、豊かな内容を持っていると考えています。
『黄帝内経』の書かれた時代は、人が生きていることを「全体的に」とらえ、生命の営みを緻密に診ていました。
病気だけを問題にするのではなく、その人の習慣や感情の傾向、食事、またはその人の住んでいる土地、季節などの関わりから、総合的に診ていました。
人が健康で寿命をまっとうするためには、どのようにあるべきか。哲学の観点から病気を考えていたのです。
【本文より抜粋】

はじめに

第1章    身体を「哲学」で考える書の存在

第2章    古代中国の自然観と人間観

第3章    病気とは「気を病む」こと

第4章    内臓と感情はつながっている

第5章    哲学で治す病

第6章    現代に合った養生

第7章    臓器別の健康法

おわりに

『病を治す哲学』目次はこちらから

第5章 哲学で治す病 「気功の施術による例」で紹介されている非浸潤性乳管癌の女性の体験談『乳癌:MRI上はおそらく消失』

(発症時から回復時までの病理組織検査および MRI検査、Echo検査報告書掲載)

2009年5月20日第1刷発行

購入希望の方はこちらから
[amaz_tetsu1]

「気」の医学で難病・奇病を治す
からだを自分で変える「気」の医学」
病気がすべて治る「気」の医学
DVDブック「病気を自分で治す「気」の医学」
「美人」気功
『病を治す哲学』-伝説的医書『黄帝内経』の驚異-
『なぜ あなたの病気は治らないのか』-霊から身を守る「気功」と「法術」の医学-
平石貴久医師 -現代医学と「気」の融合について語る-
不妊症から赤ちゃん出産

ご予約・お問合せは、お電話で

気功施術・気功教室のご予約はこちら

TEL:045-322-6699
受付時間:9:00~12:00, 13:00~16:30
定休日:日曜日、月曜日、出張日

大明気功院常楽寺 横浜本部
〒 220-0023
神奈川県横浜市西区平沼1-29-7
横浜駅から徒歩10分、高島町駅から徒歩7分