法術気功の施術・指導【大明気功院常樂寺】病気はすべて治るはず 病気はおおもとの原因から治す 難病の克服と改善
9:00~12:00, 13:00~17:00
TEL 045-322-6699
定休日:日曜日、月曜日および出張日

「気功」の視点で、さまざまな生活習慣を考える ~生活の中で生かせる「気功」の知恵

      2015/12/23

気功と生命 道

1)長寿村は「良い気」でいっぱい

人間、誰しも長生きをしたいものです。ですから「長寿村」と呼ばれる地域のことがマスコミなどで紹介されると、強い関心を持ちます。 【続く】
「気功」で考える場所の「気」 をご覧ください

2)いろいろな色の食材を食べる

食事で「良い気」を受けるためには、いろいろな色の食品を摂るという考え方があります。 【続く】
「気功」で考える飲食物の「気」 をご覧ください

3)人はなぜ睡眠を必要とし、しかも横になって寝るか

コンピュータ用語に「デフラグ」(最適化)という言葉があります。長い間コンピュータを使い続け、ファイルの保存と削除を繰り返しますと、やがてディスクの空きスペースにファイルが断片的に保存されてしまうような状態になってしまいます。こうしたファイルの断片化が進むと、効率良い使用環境が侵されていってしまいます。 【続く】
「気功」で考える睡眠の取り方 をご覧ください

4)感情と臓器は「気」でつながっている  

「肝が縮む」「腑に落ちない」「胸が塞ぐ」など、日本語には、身体で感情を表す慣用句がたくさんあります。それだけ、感情と身体の状態とが密接に繋がっていることを示しています。 【続く】
「気功」で考える感情のコントロール をご覧ください

5)スポーツでは「気」のコントロールを上手に

昨今の健康ブームを反映して、スポーツで汗を流す人が増えてきました。それはとても素晴らしいことだと思います。たしかにスポーツをやっている人は、とても健康そうに見えます。 【続く】
「気功」で考えるスポーツの仕方 をご覧ください

6)温泉(お風呂)を上手に利用する

水は本来、「陰の気」なのですが、温泉のお湯は火山など、大地の火のエネルギーの影響を受けているので「陽の気」を持っています。それで身体に良いのです。 【続く】
「気功」で考える入浴の仕方 をご覧ください

7)お盆や正月、お彼岸の時期に病気が増える不思議  

お盆や正月、あるいはお彼岸の時期は、皆さん、供養のためにお線香をあげたりします。これで安らかに眠っていたはずの死者の魂が起き出してしまうのです。 【続く】
「気功」で考える先祖供養 をご覧ください

8)どんな薬にも毒の部分がある

私は現代医学の薬について、多くを語れる立場の人間ではありません。しかし素人ながらも、現代医学で開発された薬には、いずれも副作用があることは知っています。大なり小なり、必ず副作用がある。これは間違いありません。 【続く】
  「気功」で考える薬 をご覧ください

9)旅行の本当の価値は、様々な土地で良い気を交換すること

日本に古くから伝えられてきた修験道の行者は、大自然の峰々に分け入り、山や岩、滝や樹木などに宿る神霊を崇拝し、厳しい修行を経て「験力」という超能力・霊力などを身につけていたといわれています。 【続く】
「気功」で考える旅行 をご覧ください

10)第六感、予知、虫の知らせを信じる

私は現代医学の薬について、多くを語れる立場の人間ではありません。しかし素人ながらも、現代医学で開発された薬には、いずれも副作用があることは知っています。大なり小なり、必ず副作用がある。これは間違いありません。 【続く】
「気功」で考える第六感、予知、虫の知らせ、正夢、あくび をご覧ください

11)病によって“におい”は違う

中国の最古の医学書である『黄帝内経』では、患者の状態を判断する際のひとつとして“におい”を挙げています。自分の状態だけでなく、近しい人の健康をうらなう上で役立つかもしれません。 【続く】
「気功」で考える病気による“におい” をご覧ください

12)悪い情報によって病になる

日本人は家やビルを建てる際、地鎮祭を行ってお祓いをします。土地の神をないがしろにすると祟りが起きる。そのため人が住む許しを得る儀式です。
近代的な高層ビルの建築現場に、古代の装束を身につけた神主がお祓いをするなど、一見すると場にそぐわない光景ですが、関係者はまじめな面持ちで参列しています。
かつてそこに誰かが住んでいたり、そこで起きた出来事は、情報として土地に染み付いています。
「気功」で考える霊(悪い情報)による病気 をご覧ください

13)どうして女性は男性より長生きなのか?

脊椎動物のなかでも、ほ乳類はオスよりメスが長生きする種が多いとされています。ご存知のように、私たち人類も男性より女性の方が一般的に長生きです。昔であれば、戦争や様々な生存競争に関する危険な行為を男性が担うことが多かったことも要因だと考えられますが、現在のように比較的平和で男女が平等になった日本でも、女性の方が長生きなのは何か他に理由があるはずです。 【続く】
「気功」で考える「長生き」 をご覧ください

 - 気功と生命