法術気功の施術・指導【大明気功院常樂寺】病気はすべて治るはず 病気はおおもとの原因から治す 難病の克服と改善
9:00~12:00, 13:00~17:00
TEL 045-322-6699
定休日:日曜日、月曜日および出張日

化学物質過敏症・電磁波過敏症を 気功で克服するために (3/3)

      2015/11/10

福田純子(大学講師)

3.化学物質過敏症・電磁波過敏症を大明気功で完治させた方の体験記

重症の化学物質過敏症・電磁波過敏症を大明気功で完治させた方が、気功で過敏症を克服しようと考えている方々のために、体験談を書いています。

役に立つ情報も多いと思いますので、是非お読みになってください。

1.「横浜の著名気功院で重度の化学物質過敏症と電磁波過敏症がほとんど完治の状態に」

2.「化学物質過敏症の体験談」

3.アンケート「化学物質過敏症・電磁波過敏症を改善させるために」(2006年1月実行)

FAQ

私自身が過敏症克服途上で感じた疑問や、過敏症の方々から気功院によく寄せられるという質問の中から、その解決が特に過敏症克服に役立つと思われるものを、Q&A形式でまとめてみました。

Q : 化学物質過敏症の患者です。今までどんな両方を試みても良くならなかったので、是非気功で克服したいと思うのですが、克服までどのくらいの時間がかかるのか、教えてください。

A : 気功で病気を克服する場合、どんな病気でも必要な期間は患者さんにより大きく異なるので、残念ながら目安をお伝えすることは難しいようです。

しかしながら、何らかの参考にしていただければと思い、完治と言える状態になられた方の中で時間が一番かかった方と、一番速く克服された方の例を気功院に教えていただきました。

最も時間がかかったと思われる患者は何と私(福田)自身ということで、ほぼ完治と言える状態まで1年5ヶ月、通院回数は45回ほど。その間、10日~一ヶ月に一度通院し、施術と個人レッスンを受けています。

一方、青島先生が出張施術してたった一回の施術で克服した方もいるそうです。一回で克服の例はむしろ稀だそうですので、そのようにお考えになられてください。

Q : この前施術を受けて、直後は信じられないほど良くなり、気功院ではテレビも携帯も化粧品も大丈夫で感動したのですが、自宅に帰ったらまた具合が悪くなってしまいました。これから先、こんなことの繰り返しになるだけなのではないかと不安です。

A : この質問に対しては、「学習会」の折に青島先生があらゆる病気の方々を対象になさったお話が非常にわかりやすい答えになっていると思うので、そのお話をここに書いておきます。 化学物質過敏症・電磁波過敏症に限らず、病気の方は、身体の中の「気」の通り道が非常に細くなり、「気」が滞りやすい状態になっているのだそうです。これを、「潰れて、水が通らなくなった箇所があるプラスチック製のホース」にたとえることができるのだそうです。

強い水流で大量の水を流すと、中を流れる水の圧力でその時だけは形が元通りになっても、水を流すのをやめるとすぐにまた潰れた形に戻ってしまいます。しかし、中に水を長期間休まずに流し続けていれば、やがてホースの形が定着して、水を流すのをやめても元のきちんとした形を保ち続けます。

同様に、施術では「良い気」を一時的に大量に注入し、「気」の通りをよくしますが、ご自身の身体の「気」が極度に弱かったり、「悪い気」を受けたり、自分で作ったりすると、「気」の流れる道がだんだん狭くなったり、ストップして、また具合が悪くなってきてしまいます。

ですから重要なのは、常に「良い気」を流し続けること、つまり、ご自宅でも気功を休まずに毎日実践していただくことです。毎日休まずに「良い気」を送り続けていれば、だんだんと身体が強くなっていきます。

毎日気功をしても具合が悪くなる場合は、ご自宅またはご自宅周辺、生活のなかで行動する場所の「気」が悪いことも考えられますので、青島先生にご相談ください。

Q : 化学物質過敏症や、電磁波過敏症になるのは、有害なものが身体に大量に入らないように身体が守っているからであって、過敏症患者には、癌にならないというメリットがある、と聞いたことがあります。気功で過敏症を治しても、その後で悪いものが身体に沢山入ってきて、後で癌その他大きな病気になるのではないかと心配です。

また、過敏症が一度治っても、その後に有害物質が沢山蓄積されて、しばらく経って再発して極めて重症になるのではないかという心配もあります。

A :体内に蓄積された有害物質は、身体のさまざまな部位や臓器などを弱め、病気の要因になりうることは事実ですが、それだけが癌の原因のすべてではありません。癌は、大明気功の理論では、異常な組織をつくる「情報」=「悪い気」が頭に入り、その情報に従って体内の弱い部分で異常な組織がつくられることによって発症・悪化する、と考えており、「悪い気」=「情報」を書き換え、身体の弱い部分を強くすることで、既に非常に多くの方々が、癌を克服なさっています。ですから、癌の発症を防ぐためには、有害物質が体内に蓄積されることを防ぐだけではなく、「悪い気」の影響を受けないようにしたり、身体の弱い部分を的確に把握し、その場所を強くする努力を日々行ったりすることが大切だと考えています。

しかしながら、化学物質過敏症・電磁波過敏症を克服することで却って体内に有害物質が蓄積されることを恐れられる方のために申し添えておきますと、大明気功院では、施術・指導の際に、腎臓の功法を極めて重視しており、腎臓は解毒を司る臓器ですので、気功を実践することにより、できるだけ体内の有害物質も解毒され、体外に排出されるようにしていきます。

前へ  次へ

 - 体験談 ,